FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

使用前の手入れ「シーズニング」は重要です

ダッチオーブンは、購入後すぐ使用できるわけではありません。「シーズニング」という慣らし作業が必要です。購入後、一番初めの作業です。出荷時のダッチオーブンには、さび止めのワックスが塗られています。そのため、まずこのワックスを落とす作業から始めなければなりません。これが「シーズニング」です。少々面倒かもしれませんが、一生モノのダッチオーブンに育て上げるためには大事な作業なので、頑張りましょう。 p(^ ^)q

1.中性洗剤を使ってさび止めワックスを落とす
 さび止めワックスは、本体とフタ全体にに塗られているので、中性洗剤とスポンジを使って良く洗いましょう。金属タワシは傷の原因になるので使用は厳禁です。

2.洗剤を洗い流し、水分を飛ばして乾かす
 さびの原因となる洗剤は水でしっかり洗い流します。その後、水分を拭き取り、火にかけて空焼きし水分を飛ばします。表面が青黒くなったらOKです。鍋を焼くと煙が出るので、作業は屋外で行うことをおすすめします。鍋から完全に煙が出なくなるまで、強火でじっくり焼いていくことが肝心です。

3.さび止めをするためにオイルを塗りこむ
 さび付きを防ぐために、ダッチオーブンが熱いうちに布かキッチンペーパーに植物性オイルを染み込ませてから塗りこみます。全体にまんべんなく塗りましょう。

4.乾燥させ再度熱してオイルを塗る
 オイルを塗った後、自然乾燥させて冷まします。乾燥したら再度熱してオイルを塗ります。これを2~3回繰り返します。

5.野菜くずを炒めて鉄のにおいを取り除く
 ネギやニンニクなどの香りの強い野菜(クズ)を用意し、少量の油をひいて炒めます。全体を使うように炒めたら野菜を取り出し、再び新しい野菜と油を入れて炒めましょう。これを3~4回繰り返します。ダッチオーブンのフタも同様に行います。

6.自然に冷まして洗い、オイルを塗って完了!
 炒めたクズ野菜を取り出してダッチオーブンを常温になるまで自然に冷まし、水で洗って水気を拭き取ります。仕上げに、本体とフタの内側と外側にオイルを薄く塗って完了です。


お疲れさまでした。私も初めて行ったときは結構時間がかかりました。でもこの作業を行わないと後々後悔することになりますのでしっかり作業してくださいね。はじめのうちはダッチオーブンを使う頻度は少ないと思いますので、このシーズニングをしっかり行っていないとすぐさびてしまいます。逆にしっかり行っておくと後が楽ですよ。(^^v
スポンサーサイト

| メンテナンスについて | 23時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

使用後のメンテナンス方法

ダッチオーブンでおいしい料理を食べた後は、後片付けが待っています。ダッチオーブンは鋳鉄製品であるため、普通に洗剤でゴシゴシ洗ってはいけません。鋳鉄はデリケートです。大切に使うための汚れ落としの方法を紹介します。


1.熱湯を注ぎこみ、木べらで底をなぞる
 ダッチオーブンが熱いうちに熱湯を注ぎこみ、汚れを木べらで底をなぞるようにこそぎ落とします。冷水を入れてはだめですよ。急激な温度変化は厳禁です。また、鍋にムダなキズを付けることが無いよう必ず木べらを使ってください。


2.水分を飛ばしてオイルを薄く塗る
 汚れが落ちたら、火にかけて水分を完全に飛ばします。その後、植物性オイルを内側外側全体にまんべんなく塗ります。できればその後じっくり空焼きして自然に冷まし、もう一度油を薄く塗っておけば完璧。


3.余分なオイルを拭き、腐蝕を防ぐ
 余分なオイルが付着しているとダッチオーブンの腐蝕の原因になるので、布やキッチンペーパーで拭き取っておきましょう。



| メンテナンスについて | 22時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダッチオーブンの保管方法

ダッチオーブンは一見頑丈そうですが、非常にデリケートなものです。手入れを怠るとさび付きの原因になります。保管する前には、しばらく風通しの良い場所に置いておくとよいでしょう。本当は乾燥した風通しの良い場所に保管するのがベストですが、初心者のうちは頻繁に使用することは無いと思いますので、倉庫等に保管することが多いと思います。

ダッチオーブンを長期間保管する時は、丸めた新聞紙を中に詰めておきましょう。また、できればフタと鍋の間は割りばしなどを挟んで、隙間を作っておくとよいでしょう。また、なるべく湿度の高い場所には置かないようにしてください。

でも本当に良いのは、年中使ってやることです。1度倉庫にしまってしまうとなかなか出すのが面倒になってしまうものです。特に寒いシーズンはその存在さえ忘れてしまいかねません。そういう私も冬の間はほとんど使用しません。(汗)

ダッチオーブンの本当の良さを実感できるのは、実は「冬」なのかもしれませんね。
ダッチオーブンで作る「やきいも」
すっごくおいしいですよ ^ ^

| メンテナンスについて | 00時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。