FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

炭の選び方(木炭)

ダッチオーブン料理をする際、必要なもの。「熱源」ですね。すなわち「火」をどうするかということです。

ダッチオーブン料理を屋外で行うときは、大きく分けて2通りのやり方があります。一番ポピュラーなのは「」です。そしてもう1つは「ツーバーナー」などを使うやり方です。初心者のうちはツーバーナーなどは持っていないと思いますので、を使うことになります。

バーベキューをやるときにもは使いますよね。そのはどこで買いますか?よく利用されるのはホームセンターでしょうか。キャンプシーズンが始まる春になると、ホームセンターの一角でバーベキュー関連の商品コーナーが設置されます。そこでを買われる方が多いのではないでしょうか。

木炭


ホームセンターで売っている一番安い炭は「木炭」と呼ばれ、マレーシア産の主にマングローブなどから作られている安価なものです。「木炭」は安い代わりに、火がついたときに煙やにおいが出ます。火の粉も出るときがあります。でも安さにはかなわず私は家の庭でもよく使っています。バーベキューをやるときに一緒にダッチオーブン料理をすることが多いので、同じ木炭を使うことが多いです。しかし、火の粉が飛ぶことがあるので、風の強いときには注意が必要ですね。

また、同じ木炭でも販売店によって箱に入っている炭の大きさが違います。最初はどこで買っても同じものだと思っていたのですが、よく見ると実は違うんです。何が違うかといいますと大きさにばらつきがあるんです。ある店の物はしっかりした形の物が入っていると思いきや、違う店の物は砕けたような炭がたくさん入っているということもあるんです。これは、実際に買ってみないとわかりませんので、いくつか店を回って自分の使いやすいものを見つけるしかないです。
関連記事

| 火のおこし方と後始末 | 00時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://dutch01.blog91.fc2.com/tb.php/20-205ccb78

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。