FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

着火剤を使ってラクラク一発着火

初心者が案外苦労するのが火おこしです。下手すると1時間以上も炭と格闘している人もいます・・・。火おこしの方法はこのブログでも、古新聞を使った方法を紹介しましたね。でも「新聞紙を使うのもめんどくさい・・・」と思っている人もいるのではないでしょうか?いや、いるはずです。そう言ってる私もそうなんですから ^^;)

でも、火がつかなくてはダッチオーブン料理は始まりません!一発で火が付く方法をマスターしましょう。

一番簡単なのは「着火剤」を使った方法です。
着火剤


着火剤があればだれでも簡単に着火できるのではないでしょうか。着火剤は揮発性が高いためすぐ着火できる便利なアイテムです。火おこしのときは、炭に火をつけるのではなく、着火剤に直接着火するのが正しい使い方です。

また、ひとことで着火剤といっても最近はいろんな種類の着火剤が発売されています。大きく分けると3種類があります。固形着火剤、ペーパー着火剤、ゼリー状着火剤です。いずれも手を汚すことなく簡単に着火できます。
私は最初ペーパー着火剤を使用していましたが、煙が多く出るので最近はゼリー状着火剤を使用しています。

ただ、ゼリー状着火剤使用時は注意すべきことがあります。絶対に途中投入や継ぎ足しを行わないでください。非常に危険です。以前バーベキューをしていた女性が顔や首に大やけどを負う事故がありました。ゼリー状の着火剤を火のついた炭に直接かけたところ、気化した着火剤の火が女性の衣服に飛び散って燃え移ったらしいです。このように使い方を間違えると大事故につながります。着火剤を塗った炭をいちばん下に入れるのが正しい使い方です。覚えておいてくださいね。
関連記事

| 火のおこし方と後始末 | 00時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://dutch01.blog91.fc2.com/tb.php/25-950412db

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。