FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダッチオーブンは家庭(キッチン)で使えるの?

ダッチオーブンはもともと家庭の台所で使われていたものです。それを野外で使いやすいように3本足をつけたり、蓋にフランジ(エッジ)をつけたりして現在に至ります。この魔法の鍋、野外で使うだけではもったいないですよね。家庭のキッチンでも使いたい!と思う方もいるはずです。そのコツを紹介します。

一般的なガスコンロは点火と火力調節が簡単で扱いやすいです。ガスコンロでキャンプ・ダッチオーブン(脚つき)を使用する際は、脚でコンロを傷つけないように注意してください。できればコンロの五徳を取り外して、3本足のダッチオーブンがぐらつかないように安定させてください。また、蓋を落としてしまうとコンロ自体を壊してしまいますので慎重に扱ってくださいね。

ガスコンロの炎は火力が強いため、ダッチオーブンはすぐに熱くなります。調理の際は弱火を基本にして火力調節してください。弱火にしたとき火が消えないように注意してください。また、温度センサー付きの口で利用するとダッチオーブン自体が熱くなりすぎて火が消えてしまいます。センサーが付いていない口で使用したほうが良いでしょう。

但し、絶対に火のそばから離れないようにしてくださいね。私は以前ヒヤッとした事があります。火をつけっぱなしで他の部屋にいたところ、聞いたことのない声がするのでキッチンに戻ってみると、その声は「火事です!火事です!」という声でした。何とその声の正体はガス警報器の警報音でした。あわててガスコンロのそばに行ってみると、煙がもうもうと上がっていました。すぐに火を消し大事には至りませんでしたが、肝を冷やしました。ダッチオーブンに限ったことではないですが、ガスコンロでの使用時は絶対に火のそばから離れないようにしてくださいね。


関連記事

| ここが知りたい! | 01時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://dutch01.blog91.fc2.com/tb.php/27-eddc4e28

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。